<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

私は何処でしょう?
木で出来ている、小さな河童さんとお猿さん。 さて、ここで問題です!この2人(2匹?)は、都立大ショールームのどこに居るでしょうか〜? 10月6日(土)から3日間開催される『木の家具に囲まれた絨毯展』に来て、 見つけてあげてくださいね! 発見出来た人は、、、 きっと嬉しい気持ちになれますよ♪
夕涼み
ショールーム1階、植物と絨毯の空間。モデルはドゥフィル小松さんです○
今の季節は夕暮れの風が気持ちいいですね〜
NOIX
先日銀座のバーの内装工事が終わりました。 北田のブログでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてご紹介いたします! 当初スケルトンの状態の写真です。面積35㎡ほどのL字型平面。面積的にはそれほど広くはありませんでしたが、天井が高く抜けていることで"広い"印象を受ける物件でした。しかし撤去不可能な既存の消防用の送水管、梁、そして床には逆梁。一様に天井、床を張ると"狭い"というマイナスのギャップを強く感じてしまいます。最初に感じた"広さ"を失わないように、むしろ天高に強弱をつけ印象的な"場面"をつくり出すこと、また平面形状上感じとれる奥行きをより強く感じさせるため壁の配置/角度/抜けに配慮しました。 上のスケルトン写真と同じ角度から見た、メインのカウンター空間です。 逆から。鏡を用いることで、一部吹き抜けと錯覚させる天井面に仕上がりました。 壁面は、海あるいは宇宙のような深みのある絵を特殊塗装の金森さんに描いていただきました! 客席の後ろに造作した棚には、白州のボトルが横一列に陳列されています。下部に照明を組み込み、光るボトルが空間を上品に演出しています。 スペースシャトルに乗っているような感覚!? 鉄錆塗装とデコラペイントが施された廊下、奥行きを感じさせる壁の配置となっています。 厨房、トイレ、ブラックルームに繋がっていきます。 ここは厨房 ここはトイレ。天高を最大限活かし解放的な場所とし、居室のような広さを感じます。 また既存のコンクリート壁凹凸を活かし塗装で絵画のように仕上げました。 趣変わってブラックルームです。ブーメラン形のカウンターは栃の一枚板の着色仕上げにしています。落ち着いた濃い色で統一させたことや、天井の高さをカウンターの内側と外側で落差をつけたことで、滝を彷彿とさせる壁画が映え、静寂を感じる大人の空間に仕上がりました。 オリジナルの収納キャビネットを柱と壁の間にスッキリ納めています。 店名はNOIXと書いてノア。フランス語でクルミという意味です。NOIXの内装にはメインのカウンター含めクルミ材を中心に造作しました。無垢の木に囲まれた店内は上品さと安らぎの空気が漂っています。機会がありましたら銀座8丁目NOIXへぜひ。
目黒マンションリフォーム
木漏れ日のような光が差す居心地のいい場所へ
先日竣工した目黒のマンションリフォームの一部を紹介いたします。
解体後のスケルトンの状態。元々はキッチンダイニングと居室2部屋があるお宅。
リフォーム後。部屋を間仕切らずワンルームとし、寝室部をラジエーター状の放射冷暖房システムHR-Cによって視線を遮る工夫をしています。このHR-Cによって、一年を通して快適な室温を実現できるようになりました。 こちらは洗面室。鏡を用い狭さを感じさせないことを心がけ、棚板や照明など対称形になるように設計。個人的にとても気に入っている空間です○ リビング入口建具の上枠には、白太の入ったウォールナットの無垢材を用いています。ゴリラのぬいぐるみがちょこんと飾られていました。
ブラインドデッキ
目黒区のマンションに設置した大型家具『ブラインドデッキ』。 イペ材で製作したセンターテーブルを納品し、照明を取付け本日ようやく完成いたしました! 昼の顔とは一変し、夕暮れ時は温泉宿に来た様な居心地の良いベランダになりました。
ニレ一枚板テーブル
本日ニレの一枚板テーブルを納品してまいりました。 このニレの一枚板、十数年前からずっとのるすくのショールームで展示保管されていたもの。 長い時を経てようやく巡り合わせたお宅では、かわいらしく配されたリボン型の契り、そして美しい杢目と色合いがとてもよく空間に馴染み、広々と気持ち良さそうに手を広げているように見えました。
続きを読む >>
花子と硝子展
今日からフラワーズドゥフィルさんで『花子と硝子展』がはじまりました〜 かわいい小物が揃っています。ぜひお立ち寄りください!
あせらず、着実に。
引き続き富士山。ご来光を見る数時間前、ここは8合目<標高3250m>。 高山病の気配を感じながら、この先の道のりに耐えうるパワーを充電中です。 あせらず、着実に。何事もやはりこれが大切ですよねニコ
絶景
富士登山、お盆休暇に行ってまいりました○ これ以上の絶景は、ない!と豪語してしまうほどの感動的なご来光を頂上で望むことができました。 右に見えるは雲海。 雲を貫く富士山の日本一の高さからは、想像を遥かに絶する景色が広がっていました。
Flowers DeuxFeuille

今日は朝から1Fのお花屋さんで、雑誌取材の撮影をしていました! クロ店長、ここぞとばかり今日は(今日も?)とても凛々しいです。 というわけで、こののるすくスタッフブログ。 少々さぼり気味でしたので徐々に増やしていけたらと思います○