<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 目黒マンションリフォーム | main | 夕涼み >>
NOIX
先日銀座のバーの内装工事が終わりました。 北田のブログでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、改めてご紹介いたします! 当初スケルトンの状態の写真です。面積35㎡ほどのL字型平面。面積的にはそれほど広くはありませんでしたが、天井が高く抜けていることで"広い"印象を受ける物件でした。しかし撤去不可能な既存の消防用の送水管、梁、そして床には逆梁。一様に天井、床を張ると"狭い"というマイナスのギャップを強く感じてしまいます。最初に感じた"広さ"を失わないように、むしろ天高に強弱をつけ印象的な"場面"をつくり出すこと、また平面形状上感じとれる奥行きをより強く感じさせるため壁の配置/角度/抜けに配慮しました。 上のスケルトン写真と同じ角度から見た、メインのカウンター空間です。 逆から。鏡を用いることで、一部吹き抜けと錯覚させる天井面に仕上がりました。 壁面は、海あるいは宇宙のような深みのある絵を特殊塗装の金森さんに描いていただきました! 客席の後ろに造作した棚には、白州のボトルが横一列に陳列されています。下部に照明を組み込み、光るボトルが空間を上品に演出しています。 スペースシャトルに乗っているような感覚!? 鉄錆塗装とデコラペイントが施された廊下、奥行きを感じさせる壁の配置となっています。 厨房、トイレ、ブラックルームに繋がっていきます。 ここは厨房 ここはトイレ。天高を最大限活かし解放的な場所とし、居室のような広さを感じます。 また既存のコンクリート壁凹凸を活かし塗装で絵画のように仕上げました。 趣変わってブラックルームです。ブーメラン形のカウンターは栃の一枚板の着色仕上げにしています。落ち着いた濃い色で統一させたことや、天井の高さをカウンターの内側と外側で落差をつけたことで、滝を彷彿とさせる壁画が映え、静寂を感じる大人の空間に仕上がりました。 オリジナルの収納キャビネットを柱と壁の間にスッキリ納めています。 店名はNOIXと書いてノア。フランス語でクルミという意味です。NOIXの内装にはメインのカウンター含めクルミ材を中心に造作しました。無垢の木に囲まれた店内は上品さと安らぎの空気が漂っています。機会がありましたら銀座8丁目NOIXへぜひ。
スポンサーサイト